1,000円以下で購入できる首振り可能なミニ扇風機「ライソン(LITHON) ハンディファン」レビュー

普段はエアコン+どこにでもあるような扇風機を使用して仕事をしています。
しかし、最近なぜか扇風機をつけると寒い、消すと暑くなるのでどうしたらいいかと思い始め、購入したのが最近片手に持ち歩いている人をよく見るミニ扇風機。

それが今回紹介する「ライソン(LITHON) ハンディファン」です。
LITHONは、家電やキッチン用品、アウトドアなどを作っており、ネットで話題になった「焼きペヤングメーカー」もここから生まれた商品です。

そんなLITHONが、販売している首振り可能なハンディファンのメリット・デメリットや実際に使ってみた感想をレビューしてきます。

手持ちにも置き型どちらでも使用可能なハンディファン

選んだ理由は、仕事中にメインで使うことが多いのですが、コロナ禍の影響により家にいることが多くなってベランダで気分転換にご飯を食べたり、外を眺めたりすることがあるので外でも使用することを考えて手持ちでも置き型どちらでもできるものがいいと思いLITHONのハンディファンにしました。

カラーバリエーションは今回紹介している1色のみ。風量は3段階(弱、中、強)あり、「弱」でも1メートル先ぐらいまで風が届くので、十分涼しいくらいの風量となっています。

製品仕様は以下となっています。

本体電源 DC3.7V リチウムイオン電池 2000mAh
台座電源 USB電源
充電時間 約7時間
連続使用時間 約2~8時間
定格消費電力 4.5W
本体サイズ 約W10.8×D5.4×H23.6cm
台座サイズ 約φ7×H7.3cm
本体重量 約170g
台座重量 約100g
ファン直径 約9.3cm
セット内容 本体、台座、USBケーブル
材質 ABS

実際に使ってみた感想

手に持った感じだとフィット感があります。個人的に驚いたのが、1時間以上連続で使用していても本体が熱くならないのにびっくりしました。(スマホのように発熱すると思っていた…。)

本体の充電ケーブルを差し込む箇所は、電源ボタンの横についていて慣れれば問題ないと思いますが、少しだけ差し込みにくい。

台座において置き型にしてみると、安定していてわざとやらない限り簡単には本体が落ちたりすることはなさそうです。

台座の差し込み口は、後ろ部分にありこちらは簡単に差し込めます。

メリット

・手持ちにも置き型どちらでも使用可能
・3段階の風量調節できる
・モバイルバッテリーを使用可能
・価格が安い

デメリット

・USBケーブルで電源接続しないと首振りができない
・本体の充電がやりずらい
・縦に首を動かすことができない
・ファンの取り外しができない

まとめ

ライソン(LITHON)の首振り可能なハンディファンを簡単にレビューしてみました。
価格も安いのに、多機能なのに付属品でUSBケーブルがついているのはかなりお得なのかと思います。

ミニ扇風機で手ごろな価格のものを探している方は是非参考にしてくださいませ。

     

暮らしカテゴリの最新記事