【レビュー】ARZOPA 15.6インチ モバイルモニター 画質もキレイで薄くて持ち運び楽!コスパの良いモニター

在宅勤務(テレワーク)や自宅にいる時間が増える中、仕事用またはゲーム用などでモニターを探している方も多いのではないでしょうか。

在宅勤務だと、デュアルディスプレイをしたいけどスペースない。ゲームだとテレビを独占するため家族のことを気にして以前のようにやりづらいなどがあると思います。そんな時におすすめなのが、モバイルモニター。スペースも取られないし、家族の目を気にせずにゲームなどもできます。

今回は、いろんなサイトの口コミをみて評価も高く、値段も手頃だったARZOPAの「15.6インチ モバイルモニター」についてレビューしていきます。

スペック

製品名A1 Gamut
製品サイズ40.5 x 26.5 x 5 cm
ディスプレイサイズ15.6 インチ
約重量約1000g(本体は約660g)
解像度1920 x 1080
パネルIPS
表示色1670万色(8bit)
視野角178°
映像入力Mini HDMI
Type-C(データ送信用USB3.1 x 1 / 電力供給用USB2.0 x 1)
3.5mmオーディオ
スピーカー内蔵

開封・付属品をチェック

パッケージは、ARZOPAのロゴがあるだけシンプル。

裏面には製品の特徴が記載されています。(英語だから読めない)

1段目は、本体と日本語取扱説明書、ギフトカード。本体はしっかり梱包されているので安心。

2段目は、付属品の入った3つの白い箱。

内容物は15.6インチ モバイルモニター本体と付属品でType-C-Type-C、Type-C-Type-A、MiniHDMI-HDMIケーブル、日本語取扱説明書、清拭布が梱包されてました。

真正面からみるとARZOPAのロゴが大きめに入っているシンプルなデザイン。

左右には各種インターフェイスが並んでいます。
左側画像の上から電源ボタン、回転ボタン、3.5mmオーディオ。右側画像の上からMini HDMI、Type-Cデータ送信用USB3.1、電力供給用USB2.0。

本体は、A4ノートより大きく、B4サイズと一緒ぐらいです。

接続方法

MiniHDMI-HDMIケーブルを使用する場合

・Type-C-Type-Aを本体と接続する端末に繋げる
・接続したい端末とHDMIケーブルで繋げて完了!

Type-C-Type-Cケーブルを使用する場合

・Type-C-USB-Aを本体と接続する端末に繋げる
・Type-C-Type-Cケーブルを本体と接続する端末に繋げるだけで完了!

  • iPhoneと繋げるためには、別で変換アダプタが必要になります。
  • フル機能搭載のType-Cじゃない場合、映像を出力できないことがあるため、HDMIと電源を使用しなければならないのでPCなどの挿し口を確認してください。

Type-C挿し口の確認は、こちらを参考にしてください。

接続可能な端末

ノートパソコン、デスクトップPC、スマホ、PS4、Switch、XBOX ONE、カメラなどさまざまな端末に接続が可能。

ARZOPA 15.6インチ モバイルモニターをレビュー

薄い、軽いから持ち運びやすい!

本体は、8㎜の薄型で660gと軽いため、持ち運びもやすいです。磁石式のカバーもついてるのでカバンの中に入れても画面を傷つける心配もありません。カバーはスタンドとしても使えますが、細かい角度の調整ができません。

モバイルバッテリーとの接続で外出先でも快適!

バッテリーが内蔵されたタイプではありませんが、モバイルバッテリーを使えば、コンセントがない場所でも使えます。

ただし、容量があまりにも少ないモバイルバッテリーだとバッテリー切れをするため注意しましょう。

※近いうちに自宅にある10,000mAhのモバイルバッテリーでどれぐらい持つか検証します。

画質はよくて縦置きでも使用可能!

よくNintendo Switchや会社のノートパソコンで使っていますが、ドットの抜けや遅延もなく想像していたより画質は良いので、かなり満足しています。明るさ、コントラスト、色の設定なども細かく調整できます。

縦置きのモニターとしてもつかえるので画面をスクロールしないといけない資料やwebページなどを見るときにすごく役に立ちます。

Type-Cケーブルと繋げば電源不要!?

基本的は、【HDMIとType-C-Type-A】または【Type-C-Type-CとType-C-Type-A】の2種類のケーブルを繋げて使用。ケーブルを繋げたら、すぐに映像を映すことができます。

もう1つのType-Cケーブルだけで繋がるパターンは、私が確認できたのは会社のノートパソコンだけでした。以前購入したThinkCentre M75q-1 Tinyは、Type-C ポートはあるもののデータ転送のみ対応のため、映像を映すことはできませんでした。

スピーカーも内蔵!

モバイルモニター自体にスピーカーが内蔵されています。また、オーディオポートもついているのでイヤホンにつなぐことができ、音楽、映画、ゲームなどを楽しむこともできます。

音質は、すごくいいってわけではありませんが、「ザー」「ジー」といったノイズが聞こえることなく、特に違和感はありません。

ARZOPAはどこの国が作ってる

取扱説明書にあるARZOPAのホームページを確認したところ、おそらく中国です。中国と聞いてやめようと考える方が多いと思いますが、お問い合わせも日本語で対応しているようなので、故障や万が一不良品が届いても安心ですね。

実際に購入した方のレビューで、問い合わせて交換した方もいました。

まとめ

ARZOPAの「15.6インチ モバイルモニター」のメリットとデメリットをまとめると以下の通りです。

メリット

  • 軽くて薄型だから持ち運びやすい
  • 付属品が一式あるので、基本買い足す必要がない
  • ケーブルに差し込むだけですぐに作業が可能
  • スピーカーが内蔵されてる
  • 縦置きモニターして使用可能
  • サポートがしっかりしてる
デメリット

  • Mini HDMIケーブルが少し差し込みにくい
  • 本体とカバーに指紋がつきやすい
  • スタンドの角度調整ができない
  • タッチパネル搭載されてない

ARZOPAの「15.6インチ モバイルモニター」について簡単にご紹介いたしました。
初めて購入したモバイルモニターなので他と比べることができませんが、今のところでデメリットは個人的に全く気にならない程度だと思っています。

コストパフォーマンスが良いモバイルモニターを探している方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

投稿者プロフィール

ひろしです
ひろしですさる
職業は、素人Webディレクター。
このブログでは、PC、モバイルモニターなどガジェットの素人目線でユーザーの方により良い情報を発信したいという思いから始めました。その他にも沖縄のランチ、イベントなどなどもお伝えできたらと思っています。

ネット・ITカテゴリの最新記事