初心者でもできる「ThinkCentre M75q-1 Tiny」を分解してメモリとSSDの増設する方法をご紹介!

AMD Ryzen 5 Pro 3400GEが搭載されているのに3.2万円というかなり安い金額で購入した小型デスクトップPC「ThinkCentre M75q-1 Tiny」と同時に購入したメモリとSSD。知り合いから自分で分解してパーツの増設すると5~6万円ほどでハイスペックにできると聞いたので、思い切って試してみました。

本記事では、初心者でも簡単にできるLenovo ThinkCentre M75q-1 Tinyの分解とメモリとSSDの増設方法を紹介していきます。

メモリやSSDを初心者でも簡単に増設する方法

メモリが8GB、SSD128GBと最小構成で購入したThinkCentre M75q-1 Tiny。そのままでもゲームや動画視聴したり、十分できるものの動画編集をする目的だったのでメモリ16GBを追加して合計24GB、SSDは128GBだと物足りないので別途500GBのSSDを追加することにしました。

SSDを増設するには

まずは内部にアクセスするには、背面に1つだけあるネジを外します。

Lenovoのロゴが彫り込まれている蓋を①の方向へスライド。SSDを増設する箇所である2.5インチブラケットを②の方向へ押し、ロックを解除してください。

2.5インチブラケットのロックを解除したら左側に開き、黒と白のケーブルが切れないように慎重に黄色で巻かれているテープを取り外してください。

2.5インチブラケットにSSDをはめ込み、SSDの黄色テープを外した部分と黒と白のケーブルをくっつけてください。※順番を逆にしてしまうとできなくなるので必ず順番を守りましょう。

2.5インチブラケットを元に戻せばSSDの増設は完了。

メモリを増設するには

メモリの増設をするには、SSDとは反対側の蓋をスライドさせて、赤枠部分にメモリを設置します。

メモリを赤枠部分に斜めに奥まで差し込みます。角度が合うと簡単に奥まで差し込めるので、何度かチャレンジすると「あ、ここか!」ってという角度がわかるかと思います。

きれいに奥まで差し込めたら、あとは下に押し込み左右のツメ部分でロックしたらメモリ増設完了。

ちなみに取り出すときはツメの部分を左右引っ張るとメモリが飛び出します。

まとめ

今回初めてメモリとSSDの増設を自分でやってみました。
やる前はハンダゴテなど使用したりするのかと思っていましたが、プラモデルを作るような感覚で簡単に設置することができました。時間は20分ほどかかりましたが、慣れれば10分あればできます。

他PCがどのような内部なのかはわかりませんが、ThinkCentre M75q-1 Tinyに増設したことで今後は同様に最小構成にして自分でPCのスペックを上げるようにしようかと思っています。

     

ネット・ITカテゴリの最新記事