【沖縄・那覇】「パシフィックホテル那覇」宿泊レポート 安くて料理がおいしい老舗ホテル

沖縄県独自のプロジェクト同居家族でStay Hotelを利用して「パシフィックホテル那覇」に1泊してきました。

那覇市の西町にあり、那覇空港から車で約10~15分、ゆいレール旭橋駅から約15分、県庁前駅からだと20分ほどのところにあります。

外観とフロント

1階には350台収容可能な大きな駐車場があり、ホテルを利用する方のレンタカーや自家用車が無料で駐めることができます。

ホテルの正面玄関。

正面玄関のすぐ横にはレンタルサイクルもあるので、近隣での買い物や観光するのに便利そう。

ホテルの出入り口すぐ横にはレンタルのスマホ充電器があります。ホテルには充電器が用意されてないので、忘れた方にはありがたいですね。

フロントではアルコール消毒や体温チェックなどを行ってから受付をするように作られており、感染予防対策もしっかりしています。
チェックインは15:00~24:00まで対応しており、チェックアウトは翌朝の10:00。

売店とロビー周辺

フロントの向かい側には、売店も用意されています。




スパムやブルーシールアイスなど沖縄の特産物も結構あります。また、他の都道府県では手に入れるのが難しそうな輸入菓子まで見ているだけでも楽しめると思います。

売店のすぐ横にはセブン銀行ATMも設置されていて、24時間使用することが可能。

喫煙所も設けられています。

部屋は広くて必要なものがそろっている

今回泊まったのは10階の「パシフィック・プレミアム・スイート」。

ベットの反対側にはソファー。

浴衣ではなく、パジャマが用意されています。


延長コードやLANケーブル、フリーWi-Fiもあります。Wi-Fiで動画など再生してみましたが、特に不満もなく快適に過ごせました。

アイスペール?、ポット、お茶のティーバック、コップ。

アメニティも充実。

お風呂場は大きくてジャグジーもついています。

トイレはお風呂にもあり、合計2つ。

10階から見た景色。残念ながら海が見える場所ではないようです…。

夕食は品数多くて大満足!



ごはん、みそ汁、もずく、サラダ、魚、牛肉、チキン、てんぷら、デザートと全部で9品。個人的に一番おいしいと感じたのは魚でした。てんぷらは沖縄の分厚い衣ではなく、沖縄の方からすると新鮮に感じると思います。

朝食はセルフサービス!

朝食は7:00~10:00までセルフサービスで提供しています。(時間帯によっては、感染対策で従業員が取り分ける)


席数もかなりあり、テーブルとテーブルの間隔も空いています。

スクランブルエッグやソーセージ、ポーク、魚、納豆、みそ汁、パン、サラダなどなど朝食はそれなりに用意されています。コーヒーは、紙カップが用意されており、部屋へ持って帰ることもできるようです。

まとめ

こちらが夕食のことで二転三転しましたが、フロントの方は嫌な顔せず丁寧に対応していただきかなり好印象なホテルです。

老舗ホテルで古めかしいところが少し気になりますが、ホテル内にはセブン銀行ATM、コインランドリー、スマホの充電器レンタル、レンタル自転車、喫煙所もありますし、立地的にもモノレールや国際通りは15分~20分、コンビニやスーパーは歩いて5分ほどの距離なので総合的にみると大満足でした。

     

暮らしカテゴリの最新記事