ドラゴンクエスト ユア・ストーリー 映画 予想以上に衝撃的な作品だった あらすじと感想 【ネタバレ少しあり】


賛否両論が巻き起こってることが予想されるドラゴンクエスト5を原案にして作成された3DCGアニメーション「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」。

公開当日である2019年8月2日に鑑賞をしてきたが、少しネタバレありのあらすじと感想を紹介していきます。

Advertisement

ドラクエ5 映画のあらすじは?

リュカ(主人公)とパパス(父)でゲマに連れ去られた母親を取り戻すための旅をしていた。

旅の途中に立ち寄ったお城で、王子が魔物に連れ去られ、リュカとパパスで助けに行く。

パパスと魔物が戦いを繰り広げていると、リュカがゲマに人質にされ、パパスは手を出すことができなくなり、リュカの目の前で…

あれから10年後、故郷でパパスの日記を読む。
そこ書かれていたのが、「母親を助けられるには、勇者と天空つるぎを探し出す」ことを知り、リュカは再び冒険をはじめる。

いくつもの試練、そして結婚。
リュカの旅の結末とは!?

フローラ?ビアンカ?どっちと結婚?

映画公開前から、どっちを選ぶかと話題になっていたフローラ、ビアンカ問題。

おそらく、ドラクエ5をゲームでやった方はどちらとも結婚したのでは?(私も当時どうなるか気になり、どちらとも結婚したほうです)

フローラ派、ビアンカ派いると思いますが、作品では「なるほど!そうくるか!?」とどちらの派でも納得できるようになってます。

迫力満点の戦闘シーン!

ドラクエ5では、戦闘シーンは攻撃主人公たちが攻撃するシーンはなくて効果音だけで表現していたが、映画ではリュカなどキャラクターたちが武器を持ち動きまくり、モンスターを切りまくたり、魔法で攻撃したりするシーンは、迫力満点でカッコいい!

最近のドラクエ作品でも動きのある攻撃はするようになっているが、映画のような迫力のある戦闘シーンには程遠い。ぜひ、今後のドラクエ作品にも取り入れてほしいものだ。

安定のすぎやまこういちさん

作品中では、もちろんドラクエの音楽が使われており、ドラクエやったことがある方は序曲などを聞くだけで鳥肌が立つはず。

流れてるタイミング場面もバッチリ!?
一部ここでこの音楽?ってとこありますが、その辺は大目に見てあげてください。

他にも5で使用されていたものだけではなく他シリーズで使われていた音楽も流れます。

正直にいうと、衝撃…

最後までみての感想を正直に言うと「衝撃」でした。「え?」って言葉を失うくらいのことが起きたり、「あれってそう言うこと?」というストーリーになっていますが、内容は悪くないのでご安心ください。

何十時間もかけてクリアするゲームを103分という短い時間であることから、ある程度省かれるだろうことは想定していたが、内容が思っていたのとかけ離れていて、けっこう意表を突かれる作品になっています。

ドラクエ5 スマホ版アプリが今だけ割引!?

映画終了後はものすごく「ドラクエ5」ゲームをやりたくなります。私自身も帰りにニンテンドーDS版のソフトを買って帰り、リュカと名前をつけ冒険をしている…

ニンテンドーDSなんてないよ!って方でも大丈夫。実はスマートフォン版もあります。しかも今なら映画が公開された記念で33%OFFされており、1,200円で購入することができます。

ちなみに、DS版だと3,000円前後で販売されていたのが映画が公開の影響なのか7,000円以上で販売されているショップもあったのでスマホ版を購入するのをおすすめします。

スマホ版はDS版をそのまま再現しただけ?らしいので損することはありません。ただ、操作にややクセがありますが、なれれば問題ないのでご安心を…

     

ドラゴンクエストカテゴリの最新記事