仮面ライダージオウ 第48話 仮面ライダーツクヨミ!? あらすじと感想


ソウゴたちがライダーウォッチをすべて集めたことでそれぞれ時間軸に存在していたライダーが一つの世界に融合。

このままでは世界は崩壊してしまう。世界を救うためにソウゴたちは士が立てた作戦を決行する。

Advertisement

オーマジオウと三度対戦!?

ゲイツとディケイドは、アナザーディケイドと戦い、ウォズとツクヨミは、人々を救うために怪人たちと戦う。ウォズが怪人を倒すも、新たに怪人がツクヨミに前に現れるが、魔人チェイサーが助ける。

しかし、ウォズが「君も本当は仮面ライダー」みたいなことを言ったことでウォズに襲いかかる。

そんな中、おじさんは買い物に出かけていて怪人に襲われているところにジオウが助ける。助けた後変身を解除して、ソウゴは自分が仮面ライダーであることをおじさんに告白して2068年の世界へ…

2068年の世界でソウゴは、ツクヨミとゲイツに会い、こっそりツクヨミのポケット?にウォッチを入れると、ツクヨミとゲイツの目の前でジオウに変身してオーマジオウと戦う。

そして、ジオウトリニティに変身してゲイツとウォズを2068年に呼び寄せ、3人の力でオーマジオウに改めて戦いを挑む。

ジオウトリニティに変身したことで、ディケイドは1人でアナザーディケイドと戦っていると、ディエンド助けにきて、2人でアナザーディケイドを追い詰めていく。

オーマジオウ戦いを挑んでいたジオウトリニティは必殺技でオーマジオウにダメージを与える。オーマジオウは、「仲間のために自分を犠牲にするのか」ようなことを言うと、ゲイツとウォズが騒然とする。ソウゴは変身を解除して2人を2019年へ戻す。

スウォルツは、オーマジオウの時空を破壊する力を利用するためにソウゴをオーマジオウにしようしていることをオーマジオウから聞き出す。

「あんたにならない」とソウゴが言うとオーマジオウは、ソウゴを2019年に送り返す。オーマジオウが空に何かをするとソウゴがこっそりツクヨミのポケット?に入れたウォッチが反応する。

ツクヨミが仮面ライダー!?

2019年では、ツクヨミがアナザーディケイドに追い詰められいたが、魔進チェイサーが助けにくる。

しかし、アナザーディケイドの攻撃を受けて変身解除。そして消滅…

ふたたび、アナザーディケイドはツクヨミに迫る。そこへソウゴがきて、ツクヨミのポケット?にウォッチがあることを伝える。

ツクヨミがウォッチを取り出すと、ウォッチがツクヨミウォッチに変わる。ウォズからベルトを受け取り、ツクヨミが仮面ライダーツクヨミに変身!

見た感想

オーマジオウは、自分には仲間がいなくて1人だったみたいなこと言っていたけど、どこから歴史が変わったんだろうと気になりましたね。外伝的なやつが後から出てきそうな気がする。

衝撃的だったのが、仮面ライダーツクヨミ笑
アルピナではないんだとツッコミを入れてしまった

そして、次はいよいよ最終回…
2068年のオーマジオウは?ツクヨミとゲイツはどうなるか?士は?と最終回も楽しみがいっぱいですね!

     

仮面ライダージオウカテゴリの最新記事