ノーサイド・ゲーム 第3話 あらすじ 見逃し動画を見る方法は? ファンクラブ設立で観客増加!?

紫門が新監督に就任してから練習方法は一新されラグビーとは関係ない相撲でタックルの練習をしたり、一人一人のデータを取って分析を行い、選手に指摘して最適な練習をさせていた。

中でも目に見えて効果が出たのは、老いを指摘された浜畑。脳を鍛える練習を取り入れたことで、素人である君嶋が見てもわかるほど変わっていた。

Advertisement

ファンクラブ設立!?

アストロズが変わっていくのと並行して、息子の博人はいじめっ子に立ち向かい仲良くなったと君嶋に報告。そしてラグビーを教えてほしいと言われて君嶋は子供たちを対象にしたラグビー教室を開くことを思いつく。

しかし、ラグビー教室に来たのは博人と友達の2名だけ。ラグビーの人気のなさを思い知らせる。

後日、GMの会議に出席した君嶋は海外のように国内のラグビーファンを増やし、収益を増やすためにどうするか考えましょうと提案するが、協会理事や他のGMからも反対される。

他の方法を君嶋は、自宅で妻にFC東京のファンクラブに入ることを聞かさせて、アストロズにもファンクラブを作ることにする。

そのために、地域の清掃、イベントなどに積極的に参加することを選手たちに提案する。選手たちの中には休みを削ってやることを懸念する者もいたが、アストロズのためにと了承する。

ボランティア活動は、地域の人たちにも好評でファンクラブも少しずつではあるが登録者が増えていた。

紫門は、いいチームするには「家族になる必要がある」と言い、合宿を予定より早める。選手たちはラグビー漬けの毎日を送り、合間の時間にボランティア活動をこなして行く。

合宿の最中に紫門のところに、教え子の七尾が訪れる。トキワ自動車に一般公募で応募した七尾はラグビーをやらないことを伝える…

君嶋が提案から始まったファンクラブやボランティア活動だったが、当然タダでは出来るはずもなく2,000万の予算が必要だと分かり、本社の役員会議で話なんとか予算を追加してもらう。滝川に「出来ませんでした。では済まないぞ」と言われて後に引けない状況になる君嶋。

選手から不平不満が…

ボランティア活動に不満を言う選手たちが出てきてラグビーかボランティアかどちらかにしてほしいと君嶋に詰め寄ってきた。その日から、ボランティアに不満を持つ選手たちはボランティアに参加しなくなった。

そんな時、練習中に岸和田がケガをして入院。岸和田が病院をウロウロしていると以前ボランティアでラグビーボールをプレゼントした車いすの少年に再会。岸和田のおかげで手術する勇気をもらったことを聞かされる。退院する日、病院まで迎えにきた君嶋にそのことを伝える。

君嶋は、選手たちを集めて改めてボランティアをすることでファン獲得、収益アップが見込める。

そして、それは未来への投資にもなると説明。

アストロズのプレーを見ることで、ラグビーを始める子供たちや好きになる子供が増える可能性があると言うと、その考えに選手たちは納得してボランティア活動に参加することを約束する。

観客席が!?

そして、プラチナリーグ始まる。
観客席には、去年同様であることにがっかりする選手たちだったが、その後続々と観客数が増えていき控え室に戻った選手たちを急いで呼び、再度観客席を見た選手たちは驚く。

観客席には、ボランティア活動をとうして触れ合った人たちでその中には、車いすの少年もいた。実は君嶋はファンクラブ会員数が急激に増えたことやチケットが12,000枚売れていたことを知っていたが選手たちの驚く顔が見たいと当日まで黙っていたのだった…

     

映画・ドラマカテゴリの最新記事