【ネタバレ少しあり】トイ・ストーリー4 ボー・ピープ影響力ズゴイ!? あらすじと感想

前作が、2010年に公開されてから約9年…
トイ・ストーリーの続編、「トイ・ストーリー4」が2019年7月12日にようやくに公開。

公開から1ヶ月以上経ってようやく観に行くことができたので、あらすじや感想などを中心にまとめて紹介していきます。

※本ページでは、トイ・ストーリー4ネタバレが書かれているので、內容を知りたくない方はご注意ください。

Advertisement

トイ・ストーリー4あらすじは?

アンディからボニーのおもちゃとして暮らすウッディ、バズなどの仲間たち。

幼稚園に通うことになったボニーをウッディは心配して、幼稚園に一緒に行き幼稚園に馴染めるように助けていく。

ボニーは、幼稚園でフォークなどを使い「フォーキー」を作りお気に入りのおもちゃとして毎日手に離さずに持ち歩くが、フォーキーは自分はゴミだと思い、ゴミ箱に入ろうとする。

そんなある日、ボニー家族がキャンピングカーで遠出をした先のアンティークショップをきっかけで、昔アンディ宅で一緒にいたボー・ピープと再会。

再会したことで、今までにない体験や話を聞かされてウッディの心に変化が生まれる…

今まで、持ち主に尽くしたウッディの出した結末とは!?

フォーキーとは?

プラスチックのフォーク、アイスの棒などで作られたボニーお気に入りのおもちゃ。

フォーキー自身は自分のことをゴミだと思っていてゴミ箱に入るクセがある。しかし、ウッディたちが根気強くゴミではない事を伝えたことで自分が必要とされている存在と気づく。

トイストーリー4では、フォーキーが重要人物となる。おそらくフォーキーがいなければトイストーリー4は公開されなかったのではと個人的に思っている。

アンティークショップが怖かった!?

ウッディが偶然あるものに気づいて入ったアンティークショップはまさにホラー。

ギャビー・ギャビーとベンソンがアンティークショップで閉店後散歩?をしているがかなり怖い。さらにウッディたちを襲うシーンなんかもあります。

そのおかげでみんなが成長や協力していく様も魅力の一つとなっている。

ボー・ピープは特別な存在?

もともとボーは、アンディの妹のおもちゃでウッディたちと仲良く暮らしていた。

ある日、知り合いに引き取られた事でウッディたちと離れ離れになるが、ボニー一家が立ち寄った移動式遊園地で偶然再会する。

今回驚いたのがボーの存在。ウッディと言えばみんなの中心にいていつもみんなを引っ張っていくイメージなのに、ボーがいるといつもと違うウッディの一面を見れます。

感想まとめ

サブタイトル?キャッチコピー?通りと言うか観ていてなるほどと言ってしまいましたね。でも、子供には難しい内容になっている気がしましたが…

あくまでも個人的な意見ですが、トイ・ストーリー4の終わり方から続編の可能性は高いと思う。

トイ・ストーリー5は、世界を旅するウッディとボー・ピープが捨てられそうになるバズ・ライトイヤーたちを助けて一緒に旅に出るストーリーになるかもしれませんね。

     

映画・ドラマカテゴリの最新記事