ノーサイド・ゲーム 第4話 あらすじ 見逃し動画を見る方法は? 佐々退部!?

プラチナリーグ開幕戦の相手はタイタンズ。
格上相手に選手たちは、合宿の成果を発揮する。また、12,000人もの観客の応援もあり、初戦を白星で飾ることができた。

さらに試合を見た子供たちが、選手からラグビーを教わりたいと急増。

君嶋の思い描いた通りになったが、滝川は「人は流行りに乗るのは早いが去るのも早い同じことを継続するのは難しい」と言う。

Advertisement

2戦目からは…

アウェイでの試合だったこともあり、2戦目、3戦目と勝利するものの滝川が言った通り観客数は激減。どうにかして観客数を増やすためにメディアの力が必要だと考えて君嶋は行動をする。

メディアも注目して取材してくれたが、雑誌が発売されて中身を見てみると、アストロズの記事はものすごく少なく逆にサイクロンズの記事が特集されていた。原因はサイクロンズのGM鍵原が、スポンサー契約を結んだことが気づく。

仕事でのミスがキッカケで…

次の対戦相手ファイターズ戦に向け取り込んでいた選手たち。そんな中、仕事で営業部の代わりに出た佐々が府中グリーンカントリーの担当者青野からの打ち合わせ時間変更についての連絡を間違えて伝えてしまい、青野を怒らせる。

佐々は、責任を感じ慌てて謝罪に向かい青野に謝りお詫びにアストロズ唯一の日本代表選手である里村サインボールを渡そうとするが、青野はサイクロンズのファンだった。

その後、はっきりした理由わからないままゴルフカートの発注を断られる。9,000万円の発注を断られたことで、ラグビーは他の社員に愚痴言われて肩身の狭い思いをして佐々に八つ当たりを選手たち。

追い討ちをかけるように、君嶋にとってショックなことが起きる。あのカザマ商事買収案が、役員会議で決定。

さらに滝川は、リストラも考えていることも知りラグビー部はより存続するのが危ういものとなる…

里村が負傷!?

佐倉が選手データをまとめていた練習で、選手たちは練習を終えようとするが、まだ取りたいデータがあることを理由に佐々がもう少し練習を続けてほしいとお願いする。

しかし、その練習を続けたことで里村がタックルを受けて負傷。リーグ戦支障ないと診断されるものの佐倉と佐々は責任を感じる。

その事を君嶋に報告。アストロズラグビー部の父親の影響でラグビーが好きになり、亡くなった父親が好きだったラグビーはどんなものか気になりアナリストを目指した事も語る。

ゴルフカート発注キャンセルの理由

仕事でのミスや里村の負傷などに責任を感じた佐々は、君嶋に退部届けを出すも岸和田が取り上げる。

その最中に、他社員が君嶋に急いで工場入口に来てほしいと言う。工場入口には、買収予定のカザマ商事が作っている府中グリーンカントリーの話を知った住民たちが反対運動に来ていた。

君嶋は、青野を訪ねてゴルフカート発注をキャンセルした訳を聞く。反対運動が原因で工事を中断しているためキャンセルしたと話し、工事が再開されればトキワ自動車に発注することも約束する。

佐々についてもムカつきはしたものの佐々が里村のことを熱くか話したおかげで青野はアストロズラグビーを見たいと話す。

工場に戻った君嶋は、佐々に青野のことを話す。また、みんなのために雑用やデータ分析の手伝いする佐々がアストロズになくてはならない存在だと伝える。急いで工場を出ると選手みんなが佐々を迎えに来ていた…

     

映画・ドラマカテゴリの最新記事